rocketboost image 1iYESテキストは英会話を学ぶ日本人生徒に対し、10年のコミュニケーション及びティーチングの経験を有するネイティブ・イングリッシュ・スピーカーによって独自に開発されました。

その間、彼は英語の向上に努めている日本人スピーカーのチャレンジと違いに対し、理解を深めてきました。

テキスト内の語彙とフレーズは日常的な場面とビジネスの場面において、自然で役に立つものを選んでいます。

テキストの各レッスンは、英語での一つのスキルを開発することにフォーカスしています。

まず自然な英語力を養うのに役に立つイディオムから始まります。

多くの生徒が直面する一つの共通の問題は、たとえ英語レベルがかなり上級であっても、自然な方法でイディオムを使うことができないということです。

多くの他のテキストはこの問題に対応していません。しかし私たちは役に立つイディオムを絶えず続けることが、語学において流暢さを増す助けになると考えています。

その後、先生をサポートするウォームアップセクションになります。

boost image 2このセクションは、テキスト内の機能を使い、生徒の知識を判断する手助けになるだけでなく、レッスンを始める自然な導入部を盛り込む助けにもなります。

これに続き、レッスンパート1はスキルを紹介し、そのための基礎を設定しています。スターターレベルのためのいくつかの簡単な事例やロールプレイ、また中級レベルのためのディスカッションも盛り込まれています。

生徒が基礎的なスキルに慣れたら、そのスキルを足掛かりにその後セクション2と3を進めます。これらのセクションは、より高度なステップや代替フレーズと選択肢を先生に提供します。テキストのフレームワークも先生に生徒のレベルに基いて、カスタマイズしたり、広げる自由度を与えています。これらのセクションはまた日常的な事例/練習だけでなく、ビジネスの両方の手助けになります。

多くの日本人スピーカーは既に知っている英単語の小さいベースはあります。したがって、このテキストではいくつかの語彙とフレーズを紹介します。これらは、新しくより自然な言葉やフレーズを学ぶことに徐々に慣れさせることになります。boost image 3

最終セクションは生徒がスキルを強固にするために、一緒に学んだすべてを向ける練習セクションです。課題並びに、できる限り最も上達したスキルを使うよう求める先生により促されます。多くの他のテキストはグループレッスンやマンツーマンレッスンのどちらかにフォーカスしています。このテキストはグループの場面やマンツーマンレッスンの両方に使えるよう、デザインされています。

このシステムの全体の流れは4つのキーステップから成り立っています。

1. スキル紹介と生徒の能力の評価

2. スキルを使用するための基礎ツールの提供

3. それを使う代替方法を提供するためのスキル構築

4. スキルテスト並びにより高度なレベルに向けての使用勧奨

boost image 4

boost image 5