BLOG
ブログ

インターンシップ受入先紹介(SBMA)

Everyday Life,School,

SBMAというのは、Subic Bay Metropolitan Authority(スービック湾都市開発庁)の略です。

sbdmc_bldg_229

Subic Bay Freeport Zone(スービック経済特別区)は、1991年アメリカ海軍のスービック海軍基地が返還された後、経済特別区として指定され、この大統領直轄のスービック湾都市開発庁が管轄しています。

 

ですので、このインターンシップはSBMA、つまりフィリピンの行政機関でのインターンシップとなります。

SBMA_meeting

その仕事は多岐に亘り、Manufacturing and Maritime Business Department, Ecology Center, Human Resource Management Department, Information Technology Department, Labor Department, Tourism Departmentなどなど、50ものセクションに分かれています。

 

1時間半のオリエンテーションの後、期間・英語レベルなどを考慮の上、配属先が決定されます。

海外の行政機関でのインターンシップというのは、なかなか経験できないものです。是非、挑戦してみてください。